takoの地味な離脱日記

ここは半ニートで空気コテの俺が離脱に挑戦しつつ色々なことをやっていこうというアレです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ホラーゲームの夢

ホラーゲームの夢

設定を先に書くと
俺が住んでいる場所の近くが大幅に改変されていて、
近くにレンガ状の道があったりいろいろな店があったりした


夢の中でうろついていると俺が住んでいる通りの3つ程上の通りに謎のでかい屋敷があった。
そこの教会風の扉を開けて中に入ってみると、中は思ったより明るかった。
奥の方に2つの通路があった。
右の方の通路から真紅(ローゼンメイデン)とお化けみたいなのが出て来た。
真紅がそのお化けと戦っているのを見て外に出ようと思ったが出ることができず
仕方なくその戦いを見るしかなかった。
最終的に真紅がかってこっちに向かってきた瞬間に場面が変わった。
気がつくとそこは、近くのコンビニだった(ただし商品もドアもない)。
そこからどうやって出たのかよくわからなかったが、
また屋敷の方に行って入ってみると変なメガネの少年が居た
その少年と話しているとまたお化けっぽいのが来て、今度はメガネの少年とやっつけた。

そこから多分数日間ほど時間がとんでしまった。

気がつくと俺は近くのレンガでできた道にいた。
そこら辺をうろついていると、知らない少年に声をかけられた。
どうやらその少年はメガネと一緒に屋敷に行っているそうだった
どうやら屋敷の周辺がよくわからないことになっているらしく、
メガネを探して行ってみることになった。
メガネは近くの洋菓子店で友達らしき人々と何か食ってたので
食い終わるのを待って一緒に行った
屋敷の近くの通りに行ってみると、
なんと屋敷のある通りだけが絵の様ににぼやけていた
早速その通りを進もうとしてみたが、そこで場面が変わった。
場面が変わるとそこは屋敷の一室のようだった。
そこでは、幽霊が2人居てゲームの様に名前が見えていた
その幽霊はこっちに攻撃を仕掛けてくる瞬間だけ姿を表すらしい。
その隙をついて幽霊をやっつけると夢が終わった。



内容をまとめるのって難しいな...
最近良く面白い夢を見るようになった気がする

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。